入れ歯を入れてる事が恥ずかしいとは思わない

自分の体の事、特に病気に関する事は案外デリケートな話で、余り口外して欲しくない、話したくないという人は多く居る事でしょう。特に、自分の不注意や不摂生が原因となる病気や物事に関しては、恥ずかしさが勝って人には知られたくないという感情になってしまいますよね。

東北大学大学院歯学研究科 口腔診断学分野

入れ歯に関してもその傾向が多いようです。自分自身が歯磨きを怠ったり、手入れを怠ったばかりに入れ歯に”なってしまった”と考えて入れ歯を入れている事を知られたくないと思う人が多いからなんです。



しかし、私はこの感情は間違っているのではないかと思うんです。自分が手入れを怠ったという事は勿論反省すべきことです、しかし、後悔した所で無くなった歯は返ってきません。ボロボロの歯やぐちゃぐちゃの口で居るよりは、断然入れ歯を入れた方が私としては良いと思うのです。また、歯がボロボロの場合、その歯を見せるのは相手にも不快感を与えますし、自分自身も嫌なものですよね。入れ歯を入れて歯を綺麗にすることで、口元を隠す生活から、大声で笑える生活にも変化できるんです。

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム | 雑穀<カルシウム>の「やずや」自然食品・健康食品通販サイト

人と会っても顔を背け、笑顔を見せる事が出来ないよりは、私は入れ歯でもいいから、大きな口を開けて大声で笑い、人の顔をまっすぐに見つめ、楽しく真剣に生きていきたいと私は考えます。